回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

もしも、依存症であるならば

借金を作ってしまった事情は、人様々だと思う。

失業や病気、思いがけない事情で、借金ができてしまったのかもしれない。

そうした場合は、借金が完済、もしくは法的に整理されれば、

生活、暮らし、人生はリセットできるだろう。


問題なのは、依存症が絡んだ借金である。


借金というと、まずはその数字に圧倒される。

借金そのものが苦しい大問題だ。

だが、その借金はなぜ作られたのか。

そこに、依存症が絡んでいれば

借金が無くなったところで、真の解決には至らない。


アルコール依存症

薬物依存症

買い物依存症

性依存症

共依存症

いろいろな依存症があるが


私自身のつたない経験から言わせてもらうと自分の意志で依存症を治すことは難しいと思う。

依存症は、破壊・破滅・崩壊に至る残酷な病である。

私も一人で抱えこみ、ただただ悪くなっていくだけの10年を過ごしたが

確かなケアを受けたことで、その後の20年ちょっとの時間は、ささやかながら丁寧な人生になったと思う。


(画像はリンクではありません。スミマセン。私が20年ちょっと前に通所した施設のホームページをスクショさせてもらいました。)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。