回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありましたが解決しました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

「スポンサー」って何?

A Aで言われる「スポンサー」はアルコホリズムから回復している先行く仲間たちの中にあって

日常生活の中で飲酒に繋がりそうな場面が生じても、マンツーマンで相談できる仲間。

A Aプログラムのことをのべ伝え、手渡してくれる。

もちろん無償で。


私が A Aミーティングに通うようになって、

帰り道、なんとなく駅まで一緒に帰った女性の仲間がいた。

あまり集団の中にいたくなくて、ミーティングが終わったら一人になりたい私が

どうして一緒に帰っていたのか忘れたが

私がビギナーだと知ると

「スポンサーはみつけた方がいいよ、

私、一人でやっていてスリップしたから」

と話してくれた。


A Aは、会費もないし、参加は自由とか言っているのに

ホームグループに入った方がいい、とか

スポンサーをみつけた方がいい、とか

なんだか、うるさいなーとも思ったが

A Aと出会って、劇的に飲酒欲求が取り除かれている状態には

理屈抜きの感動があって

〝人の話を聞かない〟ことで有名な私にしては

周囲の、〜した方がいいよ、という意見は素直に入ってきた。


不思議なもので、それからミーティングに行くと

偶然、隣に座った仲間が

「スポンサーがみつかりました」と話している。

そういうことが、続くと、私もその気になっていった。

ホームグループには入っていたので

グループメンバーのどなたかにお願いしようと思った。

長く回復している仲間は何人かいらしたが

ミーティングで話された情景が、ありありと目に浮かぶようだったことと、

女性では珍しく日本酒党だったという共通点から

一人の方に「スポンサー」をお願いした。


はじめて、二人きりでお茶をした時に

「本当に、 A Aプログラムをやりますか?」

と問われた。

今でこそ2、30代の仲間の参加は珍しくないが

当時のミーティング会場の大半の参加者は、うーん、見た目だけの判断で申し訳ないが

どう見ても、40代から上の方たちが圧倒的だった。

私も当時は、そんなに多くはない部類のビギナーだったのだろう。

私は、特定の誰かではなく、ミーティング会場で感じた不思議な力に痺れていたから、

たいして考えなしだったけれど、やる気だけはあったので

「はい、やります」と即答だった。




A Aでは、上下関係を表す言葉は使われないので(先生、師匠、先輩、リーダー、コーチなどなどは使われない)、

実のところこの「スポンサー」を言い表す日本語はない。

「スポンサー」は〝スポンサー〟でいいのだと思うが

一般的に〝スポンサー〟と聞くと

何かしら金銭的な援助者というイメージを持ってしまう。


アメリカのドラマでは、 A Aメンバーが描かれるシーンは

もはや日常茶飯事のようだが翻訳者は苦労しているようである。

「スポンサー」の訳でこれまで見かけたのは、〝指導員〟〝支援者〟…。

ドラマの視聴者にとっては、本筋との絡みがわかればいいだけなので

「スポンサー」のなんたるやまで知る必要もないのだが

もっと、いい訳がないものかしら、とは思ってしまう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。