回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありましたが解決しました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

隔世の感


10月はカミングアウトデーもあるためか、LGBTがらみのイベントや講座も多いようだ。


都内のデパートの壁面には支援広告も今では珍しくない。



玄関そばにはレインボーフラッグも。



パレードは近年行っていない。


最近のトピックは親の介護、パートナーと入る墓のこと、と生活臭に汚染されすぎ。



実家の近くで、LGBTの家族向けの講座があるとのことで参加させてもらった。


私が10代の頃、このローカルな沿線には夢も希望も無かった。


私が勝手にシャットアウトしていたためだが。


私が都内でビョーキになって、回復している間に


かつて地上を走っていたローカルな沿線はどこもかしこも高架線になり、


今では、自宅のある都内のN区より、いろいろ便利になっている。


今回の講座も、市の教育委員会が後援だそう。



今ではすっかり忘れてしまっていたが


いろいろ思い出した。


中学の頃、辞書で「同性愛」を調べたら、意味するところは〝変態〟と書いてあり


もう二度とこのことは考えないようにしようと決めたこと。


考えないようにしても、思春期の身体や感情は困ったことになっていたが。


まあ、誰にも言わなければわからないだろうし、そのうち治るだろうと思っていた。


男性と異性交遊して〝荒治療〟もしてみた。


20代のはじめの頃に、


仕事場の関係で「ハーヴェイミルクの時代」というアメリカのドキュメンタリー映画を観た。


仕事場はわりと政治的に革新的な人ばかりだったので


同性愛者のことは二の次で、社会派ドキュメンタリーということでこの映画が選ばれたようだ。


当時は、異性愛者のフリをして暮らしていたので画面に映し出される世界に驚いていた。



画面の中で、(字幕だったが)あなたの大切な人たちにカムアウトしなさい、と言っている。

当時は〝カムアウト〟という日本語訳だった。


ええーっ?そんなことができるわけがない!


この映画を観て勇気をもらったという人は多いが、


私は逆。


かえって、檻の中にいる自分を感じて気分が悪くなった。


映画の中ではパレードの様子も映し出されている。


日本では100年経っても無理みたい。


それにハーヴェイとやらは市長にもなったような人だからカムアウトできるんだろうけど、


頭が悪くてブスな自分が〝カムアウト〟したらマズいことがトリプルになるだけではないか。


実際、周囲には同性の人を好きになったことがきっかけで鬱病になって自殺してしまった人がいた。


生前話を聞いたことがあった。


「私は彼女を妹のように想っているだけ、そんな変態じゃない」と泣いていた。


映画は文字通り映画で、私のいる現実とは絶望的な開きがあった。



だけど、運命的な出会いがあった。


相手の人は異性愛者。


恋愛感情はモルヒネ並みの脳内麻薬。


どう思われてもいいやと思えて、すべてを告白した。


それからそれまで白黒テレビだった世界がカラーテレビになったようだった。


せめて自分がなんなのか、自分でわかっていないと。




ほんの三十年くらい前のこと。



ちなみに、今の辞書で「同性愛」を調べてみると、かのような人を侮辱した言葉は見当たらない。

〝カッコつけない〟

私がアルコール依存症の回復のために通所した施設の、当時の施設長さんの訃報がもたらされた。


当時は、まだ女性専用の施設も少なく、私が通った施設は男女混合。

女性の担当は施設長さんが引き受けていた。

寝坊して遅刻すると「寝坊は許さん!」と怒鳴られたり、他の時は、アタマではわかっている、というような言い訳をしようとすると「そんなの、わかっているって言わないんだよ!」と一喝された。

当時は、若い方と言われた私も、今では初老の域を過ぎた。

うるさいぐらい何かを言ってくれる目上の人は激減して、その怖さをうっすら感じている。


「俺たちの病気は、カラダに織り込まれている」

性格上の欠点を放置しておくと、それがアルコホリズムとたちまち結びつきスリップを繰り返してしまう、だから、ステップを使って生きていくんだ、とわかりやすく話してくれた。

説得力があるのは、施設長がご自分の体験も話してくれるからだ。入院先で暴れて窓ガラスを割り、9ヶ月も保護室に監禁されたこと、自助グループにつながっても、はじめの頃は、入寮している仲間と違って自分にはアパートがあるし、と違い探しをしていたこと、そのうちイライラが募り、ある日、昼を食べようと入ろうとした店に品切れを告げられて沸点に到達しそれがきっかけで飲んでしまい連続飲酒へ…。

そこではじめて底つきを認めたこと。

元施設長さんが再出発のために、当時の施設の玄関先にたどり着くと、それを見た元施設長さんのスポンサーは、焼酎のにおいをプンプンさせて立っていたと、回想録の中で記していた。


焼酎のにおいをプンプンさせながらターニングポイントについた元施設長さんは

その後40数年、仲間たちのために文字通り献身し、飲まずにソーバーを全うし帰天された。



私は当時、一回だけ寝坊で遅刻はしていたけど、他のことはプログラム通りこなしているし一見、優等生。

でも「何も問題が無さそうなところが問題だ」と言われた。

自分でも、どこかでそれは自覚があって、やがて数年後、社会復帰したあとに真の問題にぶちあたっていく。

通所しながら、頻繁ではないが私は嘘をついて知人に会ったりしていた。

半分本当で、半分嘘というやり方なら、自分もあまり罪悪感を感じないで済むのだ。

まんまと騙せていると安堵しているのは本人だけで、そんなことは元施設長さんはお見通しだったような気もする。

目先のつじつまを合わせるのに必死という時期もあり、施設は警察ではないからいちいちすべてを問い詰めたりしない。ただ、そんな生き方自体が織り込まれた病気で、いずれ、人間関係の中で私は手痛く思い知ることになる。


謙虚と言うと、なんだかずいぶん敷居が高い言葉になる。

カッコつけない、という言い方が私の身の丈にはシックリくる。


私の織り込まれた病気は、カッコつけたい、都合の悪いことは無かったことにしたいであり、

おそらく、この欲求は一生ついてまわりそうだ。だが、この欲求通りに生きていたら

何も始まらず、いずれ元いた慣れ親しんだアルコホリズムの日常に戻っていくだけだろう。


そのことを、元施設長さんから教えてもらった。



ご冥福をお祈りします。