回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

A Aと出会って(寄稿)

この秋、飲まないで生きている年数(AAではバースデーと呼んでいます)が

23年を迎えたT子さんが体験談を寄せてくれました。

私がはじめてこちらの仲間と出会ったのは、

T子さんが一年のバースデーを迎えたばかりの頃でした(ちなみに私はお酒をやめたてホヤホヤ)。

T子さんは、これからステップ4、5に取り組むと話していて、

アルコールから解放され、いよいよシラフで現実と向き合っていく辛そうな時期で

表情も険しかった覚えがあります。

華やかな外見によらず

地道にプログラムをコツコツ歩いていくタイプで、

数年ののちには仕事も家庭も充実させ、

今ではAA内でも説得力のある笑顔の素敵なオールドタイマーとして活躍中です。



T子さんの体験記

「AAと出会って・・・


先月AAホームグループで23年のバースデーを祝っていただきました。

平成6年の10月下旬3ヶ月の入院が終わり、OneDayメダルを戴いてから23年経ちました。

最初の10年、次の10年、そしてここ最近の3年間、いろいろなことがありました。


最初の10年は女性の多いグループで、「行動する」という基礎を学ばせていただいたと思います。

来る日も来る日も、家庭→仕事→AA→家庭の繰り返しの日々でした。


次の10年は仲間とふたりでグループを始めることからの歩みでした。

なかなか会場が見つからなくて不安になったとき、

私たちがグループを始めることが神様の計画の中にあるのなら、

必ず必要なものは与えて頂けると信じて行動しました。

そして私たちが望んだ地域で、望んだ日からグループをスタートすることができました。


しかしグループがスタートしてから2年を過ぎたころ、

ホームグループのミーティングに嫌で嫌で仕方がない時期がありました。

当時は自宅から自転車で行っていましたが

「また日曜日がきちゃった。行きたくないなー」と思いながら自転車をこいでいました。

数か月嫌嫌ミーティングに行っていたある日、

ふと、「神様にいただいた命なのだから、神様にお返しする気持ちで行こう」と思えたのです。

とても不思議でした。

この日以来一度もミーティングに行きたくないと思ったことはありません。

おかげさまでホームグループは、毎週たくさんの仲間が集ってミーティングを行っています。


ここ最近の3年間はあるサービスを通して、改めて「原点に立った」ような気持ちになりました。

いただいたものを、どれだけお返ししていくか。

川が流れるようにこれは途絶えることはなく、

流れ続けるからこそ川の水は淀まないのだと感じています。

このサービスを与えていただいたのも、神様の計画だったと思います。


AAに出会うまでの私は、まったく信仰心などありませんでした。

AAと出会ってから与えていただいた一番大きなもの、それは信仰心です。

私にとっていいこともそうでないことも、全部必要なことだから与えていただいたと思えます。

なのでこれから先のことも、あまり深刻には考えません。

神様の計画の中にあると思えるので、

私は日々(なるべく手を抜かないで)最善を尽くして生きようと思います。


AAと出会うことができて、感謝です。


親愛なる仲間へ」

T子


ブログ紹介

『カオルとぼくと仲間たち』


実は、偶然、インターネットでみつけたブログでした。

もちろん面識もない仲間なのですが、

記事を読むと A Aプログラムが

住んでいる地域は違っていても

同じように伝えられていることを感じさせてもらいました。

世代が近いようで、カルチャー記事も共感です。

http://powerless.cocolog-nifty.com/