回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありましたが解決しました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

広がりは本日も

「Markings on the journey」

という A Aの足跡を紹介する

ドキュメンタリーDVDを

見ました。

(アメリカの A AG S Oから出ていますが

残念ながら日本語版はまだありません。)





仲間が翻訳文を読み上げてくれました。


ビル.Wの写真は珍しくないですが

映像で見たり、肉声を聞くのははじめてでした。

はじめ2人だった共同体のメッセージが

今、ここにいる私たちにまで届けられている、と思うと

なんとも気が遠くなりそうです。


窓からは、爽やかな5月らしい風が入ってきます。

この日、かつては、お酒でベロベロ、ボロボロだった4人のアルコホーリクたちが

今、穏やかにこうした時間を過ごせていることを大切に思います。




A Aのはじまりは、ビル.WとDr.ボブの2人の出会いからですが

2人と言っても、2人が出会うまでに引き合わせてくれた人、協力してくれた人たちも忘れてはいけないですね。


一番はじめに、ビル.Wにメッセージをした人物は、エビーなのですが

エビーはその後、スリップしてしまいます。


アメリカでは、 A A創立の映画も作られました。

私は施設に通っている時に、施設のビデオで観た記憶があります。

すっかり忘れていましたが

そうそう、邦題は「ドランカー」でした。(なんちゅー邦題でしょうか😆)




私の好きな俳優さんがエビー役でした。↓




エビーについてはあまり語られることはありませんが

ビルの物語の最後に書かれている一節は大好きです。


「ぼくたちの多くは、いまはユートピアを探す必要はもうないと感じている。

それがいまここにあるからだ。あの日、ぼくの台所で友人がしてくれた簡単な話が

いま、地上の平和と人間への善意の輪になって、一日一日、広がっていく……。」

(アルコホーリクス・アノニマス p24〜p25より)


広がりは本日も!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。