回復の道を歩いているアルコール依存症者です。かつて借金もありました。

私自身の依存症や借金問題の体験を綴っていきます。 記事にあるグループ、施設、運動体は、運営も組織も別になっております。 広告が表示されていますが本文記事とは全く無関係です。関係ないですよ〜。

読書の秋

自助グループ、回復のプログラムにつながる前に

アルコール依存症関係の本はパラパラっとめくっていました。

当時、図書館や本屋さんでみかけるのは

お医者さんが書いたり、ものすごい幻覚の体験を書いてある本だったりしました。

〝アルコール依存症じゃありませんか?〟のテスト、

一人でやってみると、都合よく解釈することもあって、

あまり当てはまらないように感じたり

ものすごい幻覚の体験談にも、確かその後のケアのことが書いてあったのですが

当時は幻覚や事件など、センセーショナルなことにしか目がいかないので

アルコール依存症は他人事でした。



AAの書籍には、これはわかる!という一節がありました。


「私たちのやったことをいくつか書いてみよう

ビールだけにかぎる、飲む杯数を決める、一人では飲まない、パーティでだけ飲む、スコッチからブランディに切り替える、ナチュラルワインしか飲まない、仕事中に酒に手を出したら首になることを承知する、旅行をしてみる、旅行は控える、(宣誓の儀式をするかしないかは別にして)永遠に飲まないと誓う、運動の量を増やす、心に感動を呼ぶような本を読む、健康施設や療養所に行く、精神病院に入ることを受け入れるーなどなど、例をあげればきりがない。」

(アルコホーリクスアノニマス第3章p47)


AAの書籍はJSOや各地のサービスオフィスで購入できます。

各地のサービスオフィスはJSOのホームページで検索できます。

http://aajapan.org/


AA関東甲信越セントラルオフィスはこちら

http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。